ゴルフスイングとアプローチショット&ゴルフ道具!基本09 | Let’s Golf!ゴルフスイング基本4つの法則とエフォート

アプローチ

ゴルフスイングとアプローチショット&ゴルフ道具!基本09

更新日:

ゴルフスイングのメカニズムとアプローチショットはちょっと違う!

ゴルフスイングメカニズムは腰の回転を動力とする
大腿筋や広背筋の捻転、肩の回転によるスイング軸を

上腕三頭筋で維持した肩と腕の形成した三角形を回転させ
正確性の高いインパクトを生み出すという
カラダ全体を統合した車のエンジンの稼働のような動きです。

それに対してアプローチショットは多彩な目的を持っていて

それほどの動力は必要としていないため
コントロールショットとしてのより制約的な動きを行います。

動きを抑えて正確性やコントロール性を重視するショット
という側面がありますので、より機械的な動きが必要です。

この機械的な動きを感覚的に調整する流れになります。

そうしますとこの機械的な動きの精度がとても重要で

ゴルフプロの世界ではマネーショットと呼ばれていて
スコアに直接的に影響するショットと言う意味です。

例えばパッティングが一番重要という
言葉を聞いたことはありますでしょうか?

ゴルフプロにとっては優勝するかしないか?
賞金金額を上げるか下げるか?はパッティングに集約します。

アプローチショットはパッティングの延長線上

にありますので、簡単な言葉で表現しますと
「空中をパッティングする!」といった感覚になります。

アプローチショットの概念はとても多彩なので
ティーショット以降は全てアプローチショット
と言っても過言ではありません。

そのため、制約されたスイングでコントロールすることが
メインの目的になりますので、それに適した動きを行います。

それではアプローチショットの解説を始めます!

まず最初にアプローチショットに対峙するときは
ティーショットの後のセカンドショットになると思います。

パー4のホールでは、大体150ヤード前後ではないでしょうか?

そうしますとある程度習熟したプレーヤーであれば

  • 8番アイアンから5番アイアンの番手で打つことになります。
  • 女性の場合は5番ウッドから9番ウッド位ではないでしょうか?

このケースであれば、普通にフルスイングを行うことになります。

参考としては、プロや片手シングルのアプローチショットでは、
150ヤード前後であれば、打ち出すライや風、グリーンに落ちてから
どのようにゴルフボールを動かすかによりますが、

ピッチングウェッジから8番アイアンですので
スリークォーター(3/4)スイングを発動して
コントロールショットを行います。

この辺りから制約スイングをおこなうことになります。

ちなみに制約スイング概要は以下を参照下さい。

  • 軽いスイング(80~90%)
  • スリークォータースイング(75%)
  • ハーフスイング(50%)
  • チップショット(10~25%)

のような割合で制約していきます。

詳細は後で説明します!

それぞれのテクニックはバンカーショットやチップショット、
パンチショットやランニングアプローチ等含めると星の数ほどありますので、

このサイトでは、正統性の高い技術や考え方のみ紹介していきます。

アプローチショットの考え方は「距離を合わせる!」に集約されます。

距離を合わせるには、ヘッドスピードをコントロールしながら
適切な番手(ゴルフ道具)を選択することです!

ヘッドスピードはスイング概要で上げた方法でコントロールして
ゴルフ道具の選択は天候やライ・距離に合わせて、以下から選択することになります。

ゴルフ道具標準セット(規定で14本まで使用可)
  • ドライバー
  • フェアウェイウッド(3~9番ウッド)
  • アイアンセット(3~9番アイアン)
  • ウエッジ(ピッチング・サンド・60度等)
  • パター

初心者の方には、ハーフセットといわれる
標準セットの半分の本数のゴルフセットがあります。

ゴルフ始め当初は番手の打ち分けは無理がありますので
ハーフセットで十分ですので、ゴルフ道具に慣れることから始めましょう!

ハーフショットとスリークォーターショットの仕組み

それでは、セカンドショットとして
アプローチショットで最もよく使うハーフショットと
スリークォーターショットの解説を始めます。

上記の写真はオーストラリアLPGA:アリソン・リーさんの
緩みの全くないドライバーでのハーフショットの連続写真です。

ハーフショットとは、バックスイングが半分の位置に収まり

そこからダウンスイングに入りますので
ヘッドスピードが出ないように制約するショットです。

用途は、距離が5~6割程度、
弾道も低く、ランが出やすい球質になります。

腰の動きも半分程度の捻転になりますので
アドレスも足の幅は肩幅かそれより少なめに開くことで

腰の捻転も制御されますので、しっかりと45度程捻転して
スイング全体を緩まないようにすることがコツです。

腕だけハーフショットなんてことになると
引っ掛けやスライスの原因になります。

フィニッシュは、バックスイングが半分程度なので
必然的にハーフ位置に収まるのが自然です!

スリークォータースイングは、

フルスイングとハーフスイングの中間の
バックスイングになります。

  • アドレスは肩幅程度の開き
  • バックスイングはフルスイングとハーフスイングの中間
  • 腰の捻転は70~75度前後

になります。

それでは引き続きアプローチショット基本10を御覧ください!

 

-アプローチ

Copyright© Let’s Golf!ゴルフスイング基本4つの法則とエフォート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.