ゴルフコンペ!誰でも新ペリアで上位入賞?楽しいコンペ! | Let’s Golf!ゴルフスイング基本4つの法則とエフォート

ゴルフマネージメント

ゴルフコンペ!誰でも新ペリアで上位入賞?楽しいコンペ!

更新日:

楽しいコンペを行うには新ペリア方式が必須!

ゴルフコンペは、ゴルフの上手い下手に関係なく
誰でもハンディキャップ制で対等に戦える方式を
採用しています。

新ぺリア方式のゲーム性や初心者への配慮

ゴルフはマナーのスポーツともいわれています。

それはスコットランドで始まった羊飼いの遊びが
英国でも広まり本格的なゲームスポーツとして
人気を博した背景があります。

その際、英国の騎士道にちなみ、ジェントルマンの理念によって、
世界的に親しまれるスポーツに発展した根底の精神です!

そのような崇高さを持つゲーム・オブ・ゴルフで
初心者や中級者をないがしろにして良いわけがありませんよね?

そのためもあり、コンペ(競技会)と呼ばれる全員参加競技を催し、
ゴルフの楽しさを誰でも体験できる場として、
ハンディキャップや隠しホール等を配し、

ゲーム性が高く、公平はハンディ戦で、
楽しめるものが新ペリア方式です。

いつも優勝するのが同じ人であれば、ゲーム性がなくなる!

コンペをやっても、いつも優勝者が社長だと
なかなか参加しづらくなりますよね?

そのためにゲーム性を加味した
ハンデキャップシステムを新ペリアと云います!

以前はもう少し運の要素が強いペリア方式でコンペを行っていたようですが、
ゴルフにラッキーを入れすぎると、面白みがなくなってきます。

僕の知る限り新ペリアとペリア方式を採用しているコンペがあります。

但し、ローカルルールが多いので、
変なやり方をしているコンペも結構あります。

余談ですが、トーナメントでは、全英オープン、全米オープン等のように、
オープンと名のついてるものは、パブリックでも参加可能なので、
その精神を継承していると言えそうです。

但し、新ペリアでも隠しホールで大叩きした方がハンディキャップが増えるので、
完全に公平かどうかは、その時々の状況に寄りますので、事前に理解することが賢明です。

新ぺリア方式ってどういう仕組なの?

新ぺリア方式の詳細ですが、

日本で正式なハンディキャップを持っている人は稀ですので
申告制ではなく、隠しホールの打数合計を
独自の計算によりハンディキャップを決めます。
※ハンディキャップとは、厳密な計算ではないですが、普段の平均スコアからパー72を引いた数で考えることが多いです。

もしあなたの平均ラウンドスコアが95打だったら、
ハンディキャップ23ということになりますが

新ペリア方式のコンペの場合には、
隠しホールの打数をもとに決めますので、
大体の実力に近いハンディキャップが最終的にはスコアになります。

それとハンディキャップ上限は最大で100打では回ってね!という意味で28程度
初心者が多いコンペでは、108打を目標に回らないと、
競技が成り立たないこともあり、36が上限ではないでしょうか?

もしそうでないとハンディキャップ50とかになったら

ゴルフじゃなくなって、それこそ面白みに欠ける事になります。

想像してみて下さい!

115打で回ったBさん(ハンディキャップ50)が、
イーブンパーの72打で回ったCさん(ハンディキャップ0)に5打差をつけて、
トータルスコアが、7アンダーの65打で優勝と言われても、

ピンとこないのではないでしょうか?笑

何事も限度がないと成り立たないのは一緒だと思います!

ゴルフは老若男女問わずに様々な年齢の方達が、
己の内面、配してある設計や自然相手に戦って
葛藤するのを楽しむのが理想です!

隠しホールの設定と計算方法!

新ペリアで特徴的なのが、12個の隠しホールを幹事がみんなには伏せて選定します。

他言してしまっては、そのホールで故意にたくさん打数を重ねて、
競技を優位に運ぶなんてことになるので、コンペが台無しです(*^^*)

出典:ゴルフハンデキャップ計算 http://mt-soft.sakura.ne.jp/kyozai/excel_high/220_jissen_jou/70_golf.htm

  • アウト(最初の9ホール)に、6ホールの隠しホール
  • イン(後半の9ホール)に6ホールの隠しホール

を設定して、それらのホールのパー数の合計が48になるようにします。

計算が面倒な時にはゴルフ場の人にお願いすれば、
パソコンで代わりに計算してくれ、
ホール後にプリントアウトしたものも配布してくれます。

実際のコンペはどうやるの?

コンペ自体は、普通に4サムでプレイして、
ホール後に集計をまとめて、順位を決めるという流れになります。

計算方法ですが、隠しホールごとの打数を加算していき、
隠しホールの集計結果を計算すると以下のようになります。

隠しホールの合計 ハンディキャップ
48 0
49 1.2
50 2.4
51 3.6
52 4.8
53 6
54 7.2
55 8.4
56 9.6
57 10.8
58 12
59 13.2
60 14.4
61 15.6
62 16.8
63 18
64 19.2
65 20.4
66 21.6
67 22.8
68 24
69 25.2
70 26.4
71 27.6
72 28.8
73 30
74 31.2
75 32.4
76 33.6
77 34.8
78以上 36上限

この早見表で、ハンディキャップが求められますので
隠し12ホールの合計打数を引けば、スコアが求められます。

例えば、

隠しホールの合計が78であれば
ハンディキャップが36

105打打ったとして
105-36=69がスコアになります!
※ちなみに小数点は四捨五入します。

-ゴルフマネージメント

Copyright© Let’s Golf!ゴルフスイング基本4つの法則とエフォート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.