接待ゴルフ前の打ちっぱなしで覚える!切り返し基本03! | Let’s Golf!ゴルフスイング基本4つの法則とエフォート

ゴルフスイング

接待ゴルフ前の打ちっぱなしで覚える!切り返し基本03!

更新日:

 ゴルフスイングの基本03!切り返しのマジック!

ここから実際にボールを打つ動作に入りますので
インパクトに向けて厳密さが増していきます。

テイクバックからの切り返しですが、

良くない例としては、テイクバックのトップで
シングルプレーヤーでない方の多くは、
せっかくの捻転の力が緩んでしまうため、

  • 腰が捻転していない状態
  • 腕がまっすぐに伸びていない状態

その結果、力が全く溜らないことで、無理に力を生み出す必要があり
無意識に腕を思いっきり振るような動作になります。

ひどい例では、ピボットといって体重移動が右サイドではなく
緩んだバックスイングが影響で、左サイドに移動してしまう人もいます。

この状態では、力のたまり具合は限りなく0に近いので
切り返すこと自体にエネルギーを消耗してしますことになります。

重要なこととしては、テイクバックのトップで力がたまらない場合には
その副作用として、スイング全体がボロボロの状態になるということです!

とにかく初心者の方は正しいテイクバックを覚えることが
そのままスイング出来るようになる基本になりますので
ここは集中して習得して頂きたいと思います(*^^*)

 その結果は、スライスでOBか200ヤードも飛ばない!

スライスの原因:体の仕組み

テイクバックで力がたまらないと、無意識の動作として、
腕力でゴルフスイングしようとするために、

アウトサイドインの軌道になり、
結果的にボールを擦るような動作になり、
ボールに横スピンが加わりスライスになります。

これは、90%以上の初心者の方に見られる問題点で、
テイクバックからの切り返しをなるべく早く覚えることが寛容です。

そうしないと、悪い癖として定着しますので
20年やっていても100を切れない状態になる可能性があります。

ダックフックの原因:手首のローリング

力がたまらない状態で、遠くに飛ばそうと力んで
手首をローリング(被せる)する癖がついている人は

ボールを巻き込むような動作になり、やはり横スピンが加わり
ダックフックになりやすいスイング(クローズ)軌道になります。

このような悪い癖が定着している方も
なるべく早く、腕や手首の意識をなくして

腰の回転が生み出す、肩の回転や
正しい体重移動による正確性の高いインパクトを
出来るようにすることが、上達への第一歩になります。

腰を中心にした体の回転で飛ばせば楽チン!

腰をフルに回転することで、

  • 肩もフルにローテートし
  • 体重移動もスムーズになります

ので、実際には腕に力を入れることはありません!

腕の役割は、両肩とグリップを結んだ三角形を維持するために使います!

そのためゴルフシングルプレーヤーは
上腕三頭筋を鍛えて、両肩とグリップを結んだ三角を維持するような
トレーニングを行うのが一般的です。

上腕二頭筋(腕力)は必要が無いので、
そこは鍛えなくても大丈夫です!

とにかく腕や手の意識をなくすことで、

  • 腰の回転から自然に肩の回転、
  • 背筋や大腿筋の捻転→最大回転と安定した動力を生み出し
  • ボールに最大限の力を伝達、
  • 正逆回転を生み出すことが

ゴルフボールを遠くに飛ばすために必要な動作です。

インパクトでスクエアに戻す秘術!

テイクバックの引き締まったトップの状態で
始動を左腰の小さな始動で切り返すのが大切です!

左腰のマイクロ始動が、体の軸や捻転で生み出された強大なパワーを
軸やパワーをぶらさずに、一滴ももらさずにスイングプレーンに維持します。

これが後で詳しく説明する正確性にもつながります。

上記のメカニズムを正しく覚えれば
接待前の一夜漬けでも、社長に褒められる予感!

それでは、秒速40キロ以上(男子プロは50キロ以上)の超高速で迎える
インパクトについてのあなたのインパクトゾーンはトワイライトゾーン?基本04を引き続き学習下さい!

-ゴルフスイング

Copyright© Let’s Golf!ゴルフスイング基本4つの法則とエフォート , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.